ピュアルイボス・グリーンルイボス・ハニーブッシュの違い

H&F BELXでは、人気アイテムとして
・ルイボスティー(ピュア)
・グリーンルイボスティー
・ハニーブッシュティーを取り扱っております。
この3種のルイボス・グリーンルイボス・ハニーブッシュはどのような違いがあるのでしょうか。

ルイボスティー

ルイボスティー

ルイボスティーとは、そもそもルイボスと呼ばれるマメ亜科、アスパラトゥス属の植物の葉を乾燥し作る飲み物の事を言います。
ルイボスとは、現地の言葉で「赤い潅木」という意味。
針葉樹のような葉を持ち、赤褐色になると落葉しますが、ルイボスティーの色も紅茶のように赤みがあり、ほのかな甘味があります。

ルイボスティーに含まれるSODという酵素が、老化や様々な病気の要因の1つと言われている活性酸素を除去し、美白効果や便秘解消、リラックス作用など、様々な効能に期待できるハーブティーとして近年注目を集めています。ノンカフェインなので妊婦さんでも安心して飲むこと出来ることも人気の理由の1つです。

グリーンルイボスティー

ルイボスティー

グリーンルイボスはルイボスティーと同じ原料から作られます。違うのは製造過程で発酵させるか否か
通常のルイボスティーは茶葉をじっくり8~24時間かけて発酵、生産されます。
この発酵という過程を踏んだ際にルイボスティー特有の香りが完成されていくのですが、グリーンルイボスティーは発酵を行わず、急速で乾燥させて生産していきます。
発酵することなく低温で乾燥させるために茶葉が更に酸化しにくくなり、通常のルイボスティーとはまた違った味わいや香りが楽しめます

グリーンルイボスの特徴として、発酵させていない事によりフラボノイド量が多く得られるという事があります。
その量はルイボスティーのおよそ10倍
更に、アスパラチンはなんと、ルイボスティーの40倍から50倍と言われています。

ハニーブッシュティー

ルイボスティー

よくルイボスティーの系統では?と思われるハニーブッシュですが、実は全くの別物
ハニーブッシュもルイボスと同様に南アフリカ原産の植物ですが、フィンボスと呼ばれる植生地域で自生する植物の事で、”サイクロピア“という学名がついています。

ハニーブッシュの香りは、テンピノールやゲロニオールを始めとした香り成分を含んでおり、名前の由来にもあるようなはちみつのようでそしてバラのような香りが楽しめます

ハニーブッシュも南アフリカ原産、そしてルイボスティーと並ぶ二大ハーブティーというだけあって、栄養成分を豊富に含んでいます。
主に鉄やカリウム、亜鉛やマグネシウム、エストロゲン等の豊富な成分を含んでいます。

中でもエストロゲンは”美人ホルモン”とも呼ばれている女性ホルモンで、女性らしい身体を作るには欠かせないと言っても良いでしょう。


H&FBelx
友だち追加数
友だち追加数
今すぐお買い物オンラインショップへ