梅雨の体調管理にルイボスティー

昼間なのにどんより薄暗い空。
シトシトと続く長雨。
じっとりと汗がにじむ暑さかと思ったら急に寒くなったり。

四季のある日本は、年間を通じて気温、気圧、湿度の変化が著しい国。
特に梅雨の時期は極端に低い気圧や長雨、日照不足など、天気の影響で何となく体調が悪いと感じる人が多い季節でもあります。

更には雨で洗濯物がスッキリ乾かない。
子供は外でおもいっきり遊べずイライラ。
その相手で周りの家族もイライラ。

体だけでなく心までもどんよりしてしまうのが梅雨。
太陽のありがたみを感じ、また恋しさをも覚えてしまいます。

心とからだのストレスが一気に急上昇する梅雨。
梅雨時の心とからだの不調を少しでも楽にするために。
見た目からもパワーがもらえそうな濃厚な赤色のルイボスティーのパワーを借りて体調管理してみませんか?

そもそも梅雨時は何故体調が悪くなるの?

私たちのからだは外界の変化に応じて自然に体内環境を調節する仕組み“ホメオスタシス(恒常性)”が備わっています。

分かりやすいところでは、気温が高くなれば毛穴を開いて体内の熱を発散し、逆に気温が低くなれば毛穴を閉じて体内の熱が逃げないようにするという具合。

このホメオスタシスの要を握っているのが自律神経。

漢字こそ違いますが、自律神経は私たちが頭ではコントロールできない“自立”した神経。
私たちのからだをONモードにしてくれる交感神経と、OFFモードにしてくれる副交感神経の2つがバランス良く働くことでホメオスタシスを正常に保ってくれます。

日頃意識する事はありませんが、からだ中のあらゆる器官や臓器の働きは自律神経によってON/OFF のスイッチが入る仕組みになっていて、自律神経は休む間もなく働いています。

気温、気圧、湿度が急激に変化する梅雨時は外界の変化についていこうと自律神経も必死。
いつも以上に自律神経に負荷がかかるのでバランスも狂いがちに。

その結果、冷え、むくみ、胃腸の不調、イライラや不眠なども起こりやすくなるのです。

からだの巡りを良くする

気温が下がったり上がったり。
急激な気温変化が多いのも梅雨の特徴。
気温の変化についていけず、冷えを自覚する人が増えてくる梅雨時。

血管を広くしたり狭くしたりして血流を調節するのも実は自律神経の役目。

もともと筋肉量が少ない女性や、運動する習慣のない人は特に冷えという症状が出やすい傾向があります。

自律神経を直接コントロールすることはできないので、ここはからだの巡りを良くしてからだを温めてくれるルイボスティーの力を借りましょう。

◆プレミアムグリーンルイボスティー ジンジャー&チリ

未発酵のグリーンルイボスティーをベースに、からだを温めるジンジャー(生姜)とチリ(唐辛子)をブレンドしたこちらの商品。
ピリッとスパイシーな風味がからだを温めつつ、停滞気味のからだを目覚めさせてくれます。

乾燥させたジンジャーは痛みを和らげる働きも加わるので、梅雨時に体の節々が痛むという方にもオススメです。

刺激が強いと感じる方はハチミツを少し加えてみて下さい。辛味が和らぎとても飲みやすくなります。

プレミアムグリーンルイボスティー ジンジャー&チリ 2.5gx20包

◆プレミアムルイボスティー チャイ

名前の通りチャイのルイボスティーバージョン。

最高級茶葉であるプレミアムピュアルイボスティーがベースなので、本場インドの紅茶ベースのチャイに負けず芳醇な風味が楽しめる上に、ノンカフェインなので時間を気にせずいつでもお飲み頂く事ができます。
チャイに使用されるスパイスの代表でもあるシナモン、ジンジャー、カルダモンがバランス良くブレンドされていてからだを芯から温めてくれます。

これらのスパイスハーブは冷えだけでなく梅雨時に起こりがちな胃腸の不調にも良いので、梅雨時には是非飲んで頂きたい一品。
本場のチャイのようにミルクで煮出せば風味がまろやかになるだけでなく、ミルクに含まれるトリプトファンが安眠を誘い、質の良い睡眠へと導いてくれます。

プレミアムルイボスティー チャイ 2.5gx20包

むくみをとる

血流が悪くなると起こりやすいのがむくみ。
本来は細胞に溜まった余分な水分は血流に乗って排出されるはずですが、血流が悪くなると排出されずどんどん溜まってむくみを引き起こします。

むくみがひどくなると靴がきつくなったり、全身のだるさを引き起こします。

こんな時はからだの巡りを良くするのと同時に、ハーブの力を借りて余分な水分を尿で排出してしまいましょう。

◆プレミアムグリーンルイボスティー フェンネル&アニシード

ハーブに含まれる代表的な成分であるフラボノイドには様々な作用がありますが、その1つに利尿作用と言って体内の余分な水分を尿と共に排出する作用があります。

フェンネルはダイエットに良いハーブとして有名ですが、その理由の1つに体内の余分な水分を排出することでからだをスッキリとさせるという点があります。

むくみが軽くなれば見た目がスッキリするだけでなく、梅雨時のからだのだるさも軽くなるので一石二鳥ですね。

プレミアムグリーンルイボスティー フェンネル&アニシード 2.5gx20包

胃腸を元気にしてパワーアップ

胃や腸の動きはもちろん、消化液の分泌をコントロールしているのも実は自律神経。

胃腸を正常に働かせるためには副交感神経が大活躍。
お食事をする時はもちろん、前後もリラックスモードにした状態の方が胃腸には良いのです。

早食いはもちろん、仕事をしながら、スマホを見ながらのお食事は胃腸に負担をかけるので、
お食事中の30分だけでも意識してリラックスするよう心掛けましょう。

胃腸がしっかり働いてくれれば、食べ物からの栄養もしっかり吸収できて自然と活力も湧いてきて梅雨時のだるさを軽くしてくれます。

◆プレミアムルイボスティー ペパーミント

清涼感溢れる風味でスッキリと目が覚めるイメージの強いペパーミント。
実はハーブとしてペパーミントを取り入れると最初は心身を活性化させますが、次第に神経を鎮めリラックスさせるという作用が期待できます。

かと言って眠気が来るような強力なリラックス作用ではないのでご安心下さい。

自律神経の働きが乱れていて何となく胃腸の調子が悪い。

程よいリラックス作用のあるペパーミントがブレンドされたこちらの商品はそんな時に特にオススメです。

プレミアムルイボスティー ペパーミント 2.5gx20包

◆プレミアムルイボスティー リストア

ハーブの独特の風味が少し苦手という方でも比較的受け入れられやすい爽やかなレモン風味のレモングラスがブレンドされたこちらの商品。

ジンジャー(ショウガ)もブレンドされているので、からだも温めながら胃腸の調子を整えてくれます。

お茶から薫るレモングラスの香りを深く吸い込めば頭をシャキッとさせ、だるさも吹き飛ばしくれるでしょう。

プレミアムルイボスティー リストア 2.5gx20包

質の良い眠りで疲れをとる

雨ばかりで晴れ間の少ない梅雨は睡眠のリズムも崩れがち。

太陽の光というのは私たちの生体リズムを整えるのに不可欠な存在。
朝目覚めた時にしっかり太陽の光を浴びたかどうかによって、夜の眠りにも影響が出て来ます。

しっかり眠れていないとからだの疲れも取れません。
睡眠不足が長く続くとイライラや不安感など精神状態にも影響してきます。

そうなる前に、質の良い眠りが取れるよう夜はリラックスモードへ導いてくれるルイボスティーでOFFモードへ。

ルイボスティーそのものにも精神を安定させる作用があると言われていますが、リラックス作用のあるハーブもプラスされたこちらの商品で相乗効果を期待しましょう!

◆プレミアムルイボスティー カモミール

カモミールにも様々な種類がありますが、こちらにブレンドされているのはジャーマンカモミール。
ピーターラビットのお話の中でお腹を壊した子ウサギピーターがお母さんに飲ませてもらったハーブティーとしても有名です。

カモミールは抜群のリラックス作用があるだけでなく、胃腸の調子を整え、からだを程よく温めるなど、そのリンゴのような甘い香りが心身の不調を優しくなだめてくれるお母さんのようなハーブです。

昼間の緊張やイライラが鎮まらない時に是非飲んでみて下さい。

牛乳で煮出して飲むカモミールミルクティーはベッドタイムティーに最適。
ミルクに含まれるアミノ酸、トリプトファンが安眠の手助けもしてくれます。

プレミアムルイボスティー カモミール 2.5gx20包

◆プレミアムルイボスティー スリーピータイム

カモミールが良いのは分かっているけど風味が少し苦手…。
そんな方はストロベリーなどのフルーツフレーバーがプラスされたこちらの商品を。

「えっ!?これがカモミール!?」と思うほど、カモミールの風味が緩和されとても飲みやすくなっています。

甘いフルーツの香りが心地良い眠りへと誘ってくれます。

プレミアムルイボスティー スリーピータイム 2.5gx20包

恵みの雨に感謝

長く続く梅雨は鬱陶しいものですが、私たちが生きていくために雨は無くてはならない存在。
太陽の光も必要ですが、雨が降らないとハーブを始めとする植物も育ちません。

梅雨という季節があるからこその日本。

雨の恵みに感謝し、雨もいいじゃない! と自然を受け入れながら過ごせば少しは気分も違うのではないでしょうか?

雨の日。
ゆっくりルイボスティーを飲みながら家の中で過ごすひとときを楽しんでみましょう。


H&FBelx
友だち追加数
友だち追加数
今すぐお買い物オンラインショップへ